疲れたから住み替え。どっちがお得?売却と賃貸。注意はこれ

住宅

160428_18

年齢的に一軒家に住むのは大変になった。

息子夫婦と一緒に住む

子育てが終わったからもっと庭が広い住宅へ。

そうですよね。一軒家の雪かきがいやで、老後はマンション。

お孫さんと住むから息子夫婦のところへ住み替え。

逆に、子育てが終わったから、ゆっくり静かな郊外の一軒家の住宅へ。

マンションではできない。ガーデニングなんか楽しみたいですよね。

一時的に多額のコストは嫌だし、これまでのお隣との人間関係も考えちゃいますよね。

でも、住み替えして、必要な生活環境がほしい。

子供も育ったし、ライフスタイルに合わせて住環境を選びたい。

そんな方が、住み替えしたい人が考えなければいけない選択肢は、

  • 売却
  • 賃貸
  • 贈与

の3つです。

 

これまでの生活環境を変えたくない。引越しなどの費用を考えると。

今の家をリフォームするならと考えているなら住み替えは1つの選択肢。

とくに、道路などができて周りがうるさく感じるようになった、ゆっくりすごしたいと今の生活環境の不満なら考えちゃいますよね。

 

住み替えの注意ポイントはただ1つです。

これを最低限にするように考えてください。

売却と購入なタイムラグをなくすこと。

のちほど例を出しますが、これが一番重要になります。

そうじゃないと、住み替えまでタインたい物件を2、3回引越し。

車の置き場所に困って、近くの賃貸の駐車場を借りる。

一時的に環境が悪とこに動かなくてはいけなくなった。

など、これをうまくやらないと、余計な賃貸などのコストばっかりかかる。

嫌ですよね。

だから不動産を統一

対策は、売却にしても、賃貸にしても、贈与にしても、購入する不動産を同じ不動産仲介業者に任せる。

これが住み替えの注意ポイントになります。

欲をだして手当たり次第すると、思わぬシッペがえしがくることがあるんです。

 

例えば売却する

想像してみてください。住み替えで売却することを。

新たに購入する住宅、マンションとの時間的、費用的なタイミングに注意が必要です。

考えられるのがこちらです。

 

わかりやすい購入先行

もっともわかりやすい例ですよね。

あらなた住まいを見つけて購入。引越しを済ませた後、元の家を引き渡す。

でもこちらだと、売った家のお金で、新しい家の支払いにまわしたいなど、

元の住まいの売却代金を新居の購入資金に充てたい場合は、単純にいかないんです。

希望した高い値段で売れたらいいですよ。

でも、希望価格で売却できなかったら、先行して新しい家の購入金額を決めてら最悪。

注意ですよ。お金借りなきゃいけないですよ。銀行に。

売買の時期がずれると、つなぎ融資の費用も発生してしまいます。

 

売却先行でも、、

売るのがめどが立った後に物件を購入するこのパターン。

売却の額がわかってるので、もってるお金もはっきりわかります。

いわゆる予算というやつですね。だから、無理せずに買うことができますよね。

売却額がはっきりしている分、資金に無理のない購入が可能。

しかし、問題は、売れても買う住宅、マンションが見つからない場合です。

元の住まいの引き渡しの時期を延期、延期、また延期。

そんなことしたらキャンセルになってしまいますよ。住み替えも失敗。

じゃ、その間仮住いで賃貸を借りる。注意です。無駄なお金が出てしまいますね。

持ち家の売却が決まっても購入する物件が決まらない場合。

元の住まいの引き渡しを延期してもらう。

または、新居に越すまでの仮住い賃貸が必要になる。

そんな注意しなければいけない住み替えの落とし穴ですね。

 

例えば賃貸

現在の住まいを残したままやる方法もありますよね。

そうです。賃貸です。賃貸にだして運用する方法も考えられます。

空き家をそのまま貸し出してもかまいません。しかし、注意。そのかわり、家賃を叩かれますよ。

逆に、リフォームによって今の時代にあった間取りや設備、内装に改修したら賃貸の家賃を高く設定できますよ。

また、入居も早く決まりやすくなり、長く住んでもらえることにもつながりますよね。

 

だから売却、賃貸に強い不動産の力が必要

でも、やっぱり、売却するとなったら、いろんな業者に見積もりをとって、少しでも高く売りたいですよね。購入物件は安く買いたい。

手間をかけてもじっくり探したい。でも時は金なり、時間は過ぎていきます。

そうすると、

1番の決め手は、不動産との信頼関係


いい不動産業者をみつけるのが、住み替えの注意ポイントですね。

 

まとめると、

 

住み替えの注意ポイントは、信頼関係のある不動産業者に統一

ということですね。


こんな記事も読まれています。

おすすめ記事は?


新着コラム

検索とお問い合わせ

電話をする お問い合わせ