ブログ ,,,,,, 2020.01.07

部屋が寒い!部屋の熱を逃がさない防寒対策! ①

【マイホームづくりの強い味方! / 家づくり みんなの無料相談窓口】

皆さんこんにちは!(^O^)/

あっという間に1年が過ぎ、新しい年のスタートですね!

年始のこの時期を、皆さんはどのように過ごしているのでしょう。お正月が過ぎれば、仕事や遊びなどまた生活が始まっていきますね。

本年もブログを書いていきますので、どうぞお付き合いのほど宜しくお願いいたします。_(._.)_

今回の余談は、本日7日ということで “七草がゆ” について少しお付き合いいただきたいと思います。

 

七草がゆを食べる意味とは?

 

1月7日の朝に春の七草や餅などを入れて作る“七草がゆ”。

七草がゆを食べると、今年のお正月も終わりだなと感じられますよね。でも、この七草がゆ、どんな意味でお正月の終わりに食べるのかご存知でしたでしょうか。春の七草の意味とともに、七草がゆを食べる意味をご紹介いたします。

 

七草がゆとは?

 

そもそも七草がゆとは一体どんなものなのでしょうか。

一般的にはお正月の最後、1月7日の朝にいただく“おかゆ”のことを指します。七草がゆの中には春の七草やお餅が煮込まれています。

 

春の七草とは?

 

まず、七草がゆに入っている春の七草とはどんなものなのでしょうか。

春の七草は以下の7つで、それぞれに意味を持っています。

 

①芹(せり):競り(せり)勝つ。

②薺(なずな):なでて汚れを取り除く。

③御形(ごぎょう):仏の体。

④繁縷ら(はこべら):繁栄がはびこる。

⑤仏の座(ほとけのざ):仏の安座。

⑥鈴奈(すずな):神を呼ぶための鈴。

⑦清白(すずしろ):汚れのない清白。

 

七草がゆを食べる意味?

七草がゆに入れる春の七草には上記で解説したような意味があるのと同時に、体の疲れを労わるような薬草の効果もあります。七草がゆを食べるということは、一年の無病息災を祈るとともに、お正月のおせち料理などで疲れた胃や腸を休めるという意味もあります。

大晦日やお正月のごちそう続きからすると七草がゆはあまりにそっけないようにも思えますが、確かに素朴な味わいのおかゆをいただくと“ホッ”とするような気もしますね。(#^.^#)

 

 

七草がゆの美味しい作り方

 

そんな七草がゆですが、どのように作るのでしょうか。以下では七草がゆの正しい作り方について詳しく解説させていただきます。

 

材料

 

まず、材料は米(大さじ4杯)、春の七草、水(500ml)、塩(ひとつまみ)です。

春の七草についてはスーパーなどでパックで売られているので、手軽に手に入れられますよ。

 

下ごしらえ

 

まず七草の下ごしらえをします。“すずしろ”と“すずな”は食べやすい大きさに切ってから薄切りにします。小さければ皮ごとでも構いません。

次に、鍋にスプーン一杯の塩を入れて湯を沸かし、“すずしろ”と“すずな”を茹でます。おかゆと食べて違和感がないくらい少し柔らかめに茹でたら、取り出してお皿やバットに上げておきましょう。残りの七草もさっと茹でて粗く刻んでおきます。

 

粥の作り方

 

米を軽く研いでから水を切り、分量の水を加えます。中火にして煮立ったら、弱火にして一度底からかき混ぜましょう。その後は少し蓋をずらしてお鍋の上に置き、40分ほど炊きます。お粥が炊けたら塩ひとつまみほど加え、茹でておいた七草を入れて軽く混ぜ合わせましょう。

 

七草がゆを食べて1年の健康を祈りましょう

 

お正月の贅沢なお料理が続くと七草がゆはあまりに質素すぎる料理に思えるかもしれません。しかし、無病息災や胃を休めるといった大切な効果のある料理でもあります。ぜひ、手作りの七草がゆを作ってみてはいかがでしょうか。ヽ(^o^)丿

 

以上、“七草がゆ” についてご紹介させていただきました。

 

今年も健康で過ごしたいですね!(^_-)-☆

 

 

それでは本題に入りたいと思います。

「冬の寒さが苦手」という方も多いと思います。

また、「外出時はともかく、部屋の中くらい暖かく過ごしたい!」

そう思っている方も多いと思います。

しかし、「冷気が入りやすく、熱が逃げやすくて…。」という方もいらっしゃるのではないでしょうか⁉”(-“”-)”

そういった方のために、簡単にできる防寒対策を3回に分けてご紹介いたします。(^O^)/

 

“窓” の防寒対策

 

断熱材の入った床や壁に比べ、窓は熱の流出・冷気の流入が大きい部分です。窓際が特に冷えるというケースでは、窓にしっかりと対策を施すことによって、部屋の温度が大きく変わる可能性があります。

 

「丈の長い分厚いカーテンを使用する」

 

部屋の目隠しや遮光のために使用するカーテンですが、実は断熱効果も期待できます。ただし、カーテン選びが重要です。

生地の薄いカーテンは冷気を通しやすく、また、丈が短いと冷気がカーテンと床の隙間から入り込みやすいため、なるべく生地が厚く、また、丈が長いカーテンを選ぶと良いでしょう。

 

「ガラスに断熱シートを貼る」

 

ホームセンターなどで手に入る断熱シートを窓ガラスに貼るのも有効な対策です。また、個人的には梱包材として使われるエアの入った緩衝材を窓に貼るのも断熱シートのような効果が期待できるためオススメです。

 

「窓枠に断熱テープを貼る」

 

窓のサッシから冷気が侵入しているケースにおいては、その隙間を防ぐことが大切です。断熱テープは100均でも手に入ることがあるので、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

以上、“窓”に関しての防寒対策をご紹介させていただきました。

ご紹介させていただいた内容は、冬の寒さだけでなく夏の暑さ対策にもなると思います。

ぜひ、試されてみてはいかがでしょうか!

 

家づくりなら、

注文住宅無料相談窓口 HOUSE  by  YOU

までお気軽にお問合せください。

あわせて読んでおきたい。

提携工務店の紹介
全25社提携中

お問い合わせフォーム

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

お問い合わせ内容

Instagram

郡中GROUPは、
こんなところです。

\郡中GROUP求人採用リクルートサイト/