2019.07.09

ダイニングテーブルの選び方 ④

ブログ ,,,,,,

【住宅会社選び・比較の専門店 人気無料相談窓口】

皆さん、こんにちは‼(*^▽^*)

前回は、ダイニングテーブルに必要な“チェア”についてお話させていただきました。

椅子にも色々な種類がありご紹介させていただきました。

ダイニングテーブルと同じシリーズで揃えても良いですし、違うシリーズの椅子を組み合わせて楽しむことも良いですね‼ヽ(^o^)丿

今回も“チェア”の続きをお話しさせていただきます。(^^♪

 

 

 

*ベンチ

 

2人掛けのベンチが大半ですが、小さなお子さんだと3人座れたりしますのでお友達などの来客の際にはとても便利です。

圧迫感もなく、用途もたくさんですので色んなシチュエーションで活躍します。(^O^)/

 

 

 

*ソファ

 

椅子の奥行があるのでスペースを必要としますが、リビングのソファとダイニングをひとつにまとめるという点ではすごく省スペースなアイテムになります。

スタンダードなチェアとは高さが違いますので、テーブルは低めのタイプをオススメします。

家族団欒をゆっくりダイニングで過ごしたいファミリーにピッタリです。(*´▽`*)

 

※こちらの画像はソファではありません。

 

*アームソファ

 

最近よく見かけるソファダイニングの先駆けです。

アームソファは壁に椅子を付けてレイアウトすることができますので、椅子の後ろにスペースを確保する必要がなく人数の制限もありません。

ソファタイプよりは少しだけカジュアルなくつろぎ空間を演出できます。(=^・^=)

 

※こちらの画像はアームソファではありません。

 

以上が椅子のお話です。_(._.)_

一番のポイントは、椅子とテーブルの高さのバランスと相性です。

ソファなどで空間をアレンジされる場合、低めのローテーブルで高さを調整してみてくだ

さい。

食事をしやすいバランスは、座ったときに足が接触しない幅、座面と天板の間が30㎝前後

です。

大柄の方やお子さんなどそれぞれ座ったバランスは変わってきますので、それぞれに合わせてキッズチェアなどの調整も必要になります。

お子さんの成長や用途や目的に合わせて椅子選びをすることをオススメします。(^_-)-☆

 

いかがでしたでしょうか?

椅子のお話はこれで終わりにさせていただきます。

家族構成や用途によって選択が変わってきますね‼

“チェア”ひとつで部屋や空間の雰囲気がだいぶ変わってくるので、重要なアイテムのひとつ

でもあります。

でも、今はたくさんの種類やデザインも豊富なので選ぶ楽しみがありますよ。(^O^)/

ぜひ、ご家族のオリジナルダイニングセットの組み合わせを楽しんでください。

次回はいよいよ最終回‼ヽ(^o^)丿

“床材(フローリング)カラーとの相性”についてお話しさせていただきます。_(._.)_

ぜひ‼

家族団欒!楽しいお食事を‼

 

家づくりなら、

注文住宅無料相談窓口 HOUSE  by  YOU

までお気軽にお問合せください。

提携工務店の紹介
全25社提携中

お問い合わせフォーム

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

お問い合わせ内容

Instagram