2019.05.21

ソファの選び方-大きさや材質などのポイント

ブログ ,,,,,,

皆さんこんにちは。!(^^)!

今回は、リビングのアクセントになり、ゆったりと時間をくつろぐためのアイテム “ソファ” のお話をさせていただきたいと思います。

ソファは、空間のメインカラーを担いそれぞれの個性を魅せられることができ、インテリアスタイルを決める重要なアイテムです。

なので、選び方ひとつで部屋の印象やインパクトが変わり、そのリビングや部屋の使い方でソファの選び方は違ってきます。

 

 

  • 座るスペースはどの程度必要なのか?

座るスペースは一人分60㎝が基本です。

これくらいの広さが取れればゆったりと座れます。(*^▽^*)

シート(座る部分)の高さは40㎝前後が座りやすく、動作もしやすいですが、同じ高さでもシートの角度や座る奥行きの深さで座り心地が変わってきます。

また、家族それぞれ体格は違いますので、奥行きはクッション等で調整しましょう‼

 

  • フォーマルスタイルとカジュアルスタイル

来客を想定したフォーマルスタイルでは、シート(座る部分)は硬めで奥行きは浅め、サイズはあまり大きくないものを選ぶことをオススメします。

家族中心のくつろぎを優先したカジュアルなスタイルでは、来客用よりシートは柔らかめで、ゆったり身体が伸ばせるものが良いと思います。(*´▽`*)

 

 

  • ソファの価格って? 何を基準にして価格が決まっているの?

ソファの価格は目に見える張り地の素材だけではなく、見えない内部の構造の違いで価格や品質の違いが出てきます。

座り心地はもちろんなのですが、カバーが洗濯できたり、作り変えや劣化した場合の補修ができるタイプなど、長く使えるものを選ぶことをオススメします。(=^・^=)

 

  • どんなソファが座りやすい?

シート(座る部分)や背もたれは、身体が沈みこまない程度の硬さがあった方が長時間座っていても疲れません。(^O^)/

 

 

  • 大きなソファが置けないときの方法は?

ソファが必要ない場合や置くスペースがないとき、置けないけど一人でくつろぎたいいう人オススメなのがパーソナルチェアです。

パーソナルチェアは首をもたげられるような高い背もたれで、ゆったりと座れるものがオススメです。(^_-)-☆

 

 

  • リビングテーブルはどのようなものを選ぶと良いか?

新聞や雑誌、TV・エアコン・照明などのリモコンで乱雑になりやすいのがリビングテーブルです。

ちょっとしたマガジンラックになる棚付きの物や引き出し付きのデザインが重宝しますよ。

限られたスペースでは、テーブルトップの角に足を痛い思いをしてしまうことも。。。

小さなお子さんがいるご家庭なら、角にアールをつけたタイプがオススメです。

ヽ(^o^)丿

一般的なリビングテーブルの高さは30~35㎝ですが、お客様にスイーツや軽食を」出す場合は、やや高めの40~45㎝くらいの高さがおもてなしをしやすく、使いやすいです。

意外に場所を取るので、狭い部屋なら使わないという選択肢もあります。

 

 

以上、今回は “ソファ” についてお話をさせていただきました。

ひとつの家で、ソファを何個も何個も購入するわけではないので用途を考え、そのご家庭に合うものを選びたいですね。

「色が素敵!」「デザインがかわいい!」で選んでしまい、「座り心地が悪かった。。。」とならないようにしたいところです。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。_(._.)_

 

家づくりなら、

注文住宅無料相談窓口 HOUSE  by  YOU

までお気軽にお問合せください。

提携工務店の紹介
全25社提携中

お問い合わせフォーム

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

お問い合わせ内容