ブログ ,,,,,, 2020.08.11

リビング階段のメリット・デメリット ⑫

【 マイホームづくりの強い味方! / 家づくり みんなの無料相談窓口 】

皆さんこんにちは!(#^.^#)

いかがお過ごしでしょうか?

暑い日々がまだまだ続きますので、しっかりと水分補給などをし熱中症対策をしてくださいね。(^_-)-☆

今回の余談は、「整理」についてお話したいと思います。

 

心と体にいいことはじめよう!

~ストレス解消‼ リラックス法~

整理する → 執着心を捨てて身も心もすっきり!

 

 

室内が荒れているときは、いらいらしたり、気分が落ち着かなかったりしていることも多いはずです。

時間がないから、面倒だからと片づけをおざなりにしては、部屋はますます窮屈で居心地が悪くなり、心が乱れる悪循環に陥ってしまいます。そもそも、くつろぐ場所のはずなのに、ごちゃごちゃしていてリラックスできないようでは本末転倒です。

そこで、部屋が物置になる前に、重い腰を上げて片づけてみませんか?

いざ片づけを始めたら意識したいのが執着心を捨てること。物を大切に思う「もったいない」と、捨てる後ろめたさの言い訳に使う「もったいない」は全くの別物です。

執着心は荷物と一緒に片づけ、身も心もすっきりさせましょう。整理が行き届いた部屋は掃除も簡単で、ストレスも時間のムダもありません。(^o^)丿

 

これであなたも片づけ上手!

要らない物を上手に手放し、身軽で快適に。

部屋の片づけは気持ちの整理に通じます。

——————————————————————————————————-

  • 「あふれた物を片づけたいけど、どうしたらよいか分からない…」
    そんな時は、まず整理対象を部屋の真ん中に集め、自分にとってふさわしいかどうかを考えてみましょう。
  • そこで「これ!」という自分の心に触れた物だけを残し、今の自分にふさわしくない物や不必要な物、使っていても違和感のある物はすべて手放します。
  • 捨てなければ、片づかないのが現実。まだ使えるけれど、なくても困らない物ももちろん対象です。本当に必要な物やお気に入りだけを残せば、身も心も軽くなるでしょう。

 

後悔しない処分の極意!

——————————————————————————————————-

  • 物を極力持たない「ミニマリスト」を目指して“あれこれ”捨てた結果、「捨てなきゃよかった!」と後悔するのは嫌ですよね。そうならないためのポイントがあります。

↓↓↓↓↓

  • まずは簡単な物から始めること。子どもの作品や思い出の品などは、最初から無理に手放す必要はなく、捨てられない理由を解決してからでよいのです。
  • 回数を重ねれば要領もよくなり、不要な物かそうでない物かの判断もつきやすくなります。自分自身が納得してからでも遅くはありません。

 

以上となります。

いかがでしたでしょうか?(*´▽`*)

“整理”することは、“きっかけ”も必要ですよね⁉

これを良い機会として整理してみてはどうでしょうか?(^O^)/

 

 

それでは本題に入りたいと思います。_(._.)_

 

リビング階段のメリット・デメリット⑫

それでは、“リビング階段のデメリット”の続きをご紹介いたします。

 

どうしてもリビング階段の寒さが気になる方へ

ここまでリビング階段のメリット・デメリットなど様々なことを見てきましたが、最後に、

どうしてもリビング階段の寒さが気になる場合の方法について見てみましょう。

 

「リビング階段の寒さがどうしても気になる」

 

そのような場合は階段に扉を付けてしまうという方法があります。

リビング階段に扉をつけることで、寒い時期だけ閉めてしまい寒さを和らげるという方法ですね。

階段に扉があるため部屋の体積は少なくなり部屋も暖まりやすくなります。

このように、リビング階段に扉を付けておいて、通常は開けっ放しに。

冷暖房の効率が気になるときだけ閉められるようにしておけば、リビング階段で寒いとい

うことは避けられるようになるんですね。

このようにリビング階段に扉を付けるときのポイントとしては、扉は引き戸にするという

こと。

できればハイドアにするのがオススメです。(^o^)丿

人がよく通る場所なのでドアだと開け閉めする場合に人にぶつかりやすいため危険なのと、

冬以外の時期は開けっ放しにするので引き戸の方が使い勝手がいいんですね。

また、開けっ放しにしていることも多いため、できるかぎり扉の存在感を消してしまうのも

リビングの見た目を考えると大切なポイントです。

そのため、できるかぎり扉の存在感を消すことができるハイドアを選ぶことが正解となっ

てきます。

その他、可能であれば扉を開けてすぐ階段ではなく、扉と階段の間に50㎝ほどのスペース

を設けることができればベストといえます。

このスペースがあるかどうかで扉の開けやすさ、階段の上り下りのしやすさが変わってく

るんですね。

その他、もしリビング階段にしたあとに寒さを感じた場合はロールスクリーンやカーテン

などで階段とリビングを区切るという方法もあります。

最後に、同じリビング階段でも2階リビングにした場合のリビング階段というケースもあ

ります。

冷えがちな玄関土間の空気とリビングの空気が混じるため、2階リビングのリビング階段

は寒さを感じやすいんですね。その場合、腰高の引き戸を取り付けてしまう方法もあります。

腰高の引き戸なので圧迫感はありませんし、空気が下へ降りるのを防いでくれるのでかな

り重宝します。

 

 

お読みいただきましてありがとうございました。_(._.)_

以上、12回にわたって「リビング階段のメリット・デメリット」についてご紹介させていただきました。

リビング階段にするときの何よりのポイントは、断熱、気密性能の良い住宅会社で家を建てること。次に、生活スタイルに合うかどうか考えてみること。

この2点がとても大事なポイントとなります。

ぜひ、ご家族に合う階段をつくって快適な生活を送ってくださいね。(^O^)/

 

家づくりなら、

注文住宅無料相談窓口 HOUSE  by  YOU

までお気軽にお問合せください。

 

あわせて読んでおきたい。

提携工務店の紹介
全25社提携中

お問い合わせフォーム

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

お問い合わせ内容

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

郡中GROUPは、
こんなところです。

\郡中GROUP求人採用リクルートサイト/